特別管理産業廃棄物

産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性、その他人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有するもので、政令で定めるものを特別管理産業廃棄物といいます。

特別管理産業廃棄物は、通常の産業廃棄物と比較して、排出から処分までの過程でより一層厳密な管理が必要となります。特定有害産業廃棄物では、「特定施設」から排出された汚泥・ばいじん・廃酸等がその対象となります。

特別管理産業廃棄物の種類

  • 廃油(引火性廃油)
  • 廃酸(廃強酸)
  • 廃アルカリ(廃強アルカリ)
  • 感染性廃棄物
  • 特定有害産業廃棄物
     廃ポリ塩化ビフェニル(PCB)等
     ポリ塩化ビフェニル(PCB)汚染物
     ポリ塩化ビフェニル(PCB)処理物
     廃石綿等(アスベスト)
     廃油(廃溶剤)その他

特定有害産業廃棄物に該当する物質を産業廃棄物として処理する場合

特定施設等がなく、特別管理産業廃棄物に該当しない、特定有害産業廃棄物に該当する物質を産業廃棄物として処理する場合、処理を委託する先は、特別管理産業廃棄物処理業者しかありません。このため、特別管理産業廃棄物の処理基準に従って処理することが必要となります。


指定有害廃棄物については、人の健康又は生活環境に係る重大な被害を生ずるおそれがある性状を有する廃棄物(指定有害廃棄物)として、「硫酸ピッチ」(廃硫酸と廃炭化水素油との混合物で著しい腐食性を有するもの)が指定されています。