産業廃棄物

事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、法律に定められている6種類(燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類)と、政令で定められている14種類、この計20種類を産業廃棄物といいます。

産業廃棄物以外の廃棄物は一般廃棄物となります。

産業廃棄物を処理するときは、必ずこの20種類のいずれか、もしくは、混合物として排出しなければなりません。

産業廃棄物の種類(20種類)

あらゆる事業活動に伴うもの

  1. 燃え殻
  2. 汚泥
  3. 廃油
  4. 廃酸
  5. 廃アルカリ
  6. 廃プラスチック類
  7. ゴムくず
  8. 金属くず
  9. ガラス・コンクリート・陶磁器くず
  10. 鉱さい
  11. がれき類
  12. ばいじん

排出する業種が限定されるもの

  1. 紙くず
  2. 木くず
  3. 繊維くず
  4. 動物系固形不要物
  5. 動植物性残さ
  6. 動物のふん尿
  7. 動物の死体

 

  1. 汚泥のコンクリート固形化物など、上記(1)〜(19)の産業廃棄物を処分するために処理したもので、(1)〜(19)に該当しないもの

上記(13)〜(19)は、同じ廃棄物であっても、日本標準産業分類による業種が該当した場合は産業廃棄物で、それ以外の場合は事業系の一般廃棄物となります。