廃棄物とは

廃棄物とは、不必要になって捨てられたた物のことです。いわゆる「ごみ」です。しかし、一口に「ごみ」と言っても様々な種類があり、と同時に様々な規制がかけられています。

廃棄物の定義

国の通知等によると、廃棄物とは「占有者が自ら利用し、又は他人に有償で売却することができないために不要になった物」をいい、廃棄物に該当するか否かは「その物の性状、排出の状況、通常の取扱い形態、取引価値の有無及び占有者の意志等を総合的に勘案して判断すべきものであること」と定義されています。

これらの廃棄物は、性質や状態・毒性等により、所管する法律が異なっています。

廃棄物処理法の対象となっている不要物

多くの廃棄物は廃棄物処理法によって管理されています。この法律において、廃棄物は「ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物又は不要物であって、固形状又は液状のもの 」と定められています。

産業廃棄物

事業活動で発生したもののうち、法令で定められた20種類

特別管理産業廃棄物

産業廃棄物のうち、特に指定された有害なもの

一般廃棄物

産業廃棄物以外のもの

事業系一般廃棄物

事業活動で発生した、産業廃棄物以外のもの

家庭廃棄物

一般家庭の日常生活から発生したもの

特別管理一般廃棄物

一般廃棄物のうち、特に指定された有害なもの

この他、指定有害廃棄物(硫酸ピッチ)については特別な規定があります。


なお、以下に該当するものは廃棄物処理法の対象から除外されています。

  • 放射性物質及びこれによって汚染されたもの
  • 港湾、河川等の浚渫(しゅんせつ)に伴って生じる土砂、その他これに類するもの
  • 漁業活動に伴って漁網にかかった水産動植物等であって、当該漁業活動を行った現場付近において排出したもの
  • 土砂及びもっぱら土地造成の目的となる土砂に準ずるもの